安全・サポート

お客様の安心・安全をサポートする
12ヶ月保証と細やかなサポート体制

効率的にムダなく、安心して仕事をしていただけるように、トヨタL&F西四国は高品質な製品をお届けするだけでなく、厳しいトレーニングを受けたスペシャリストが、特定自主検査記録表約85検査項目に基づく検査・点検を実施します。

また、お客様の満足を第一に、四国のどこでも万全のサービス体制でバックアップ。フォークリフトや多彩な物流システム機器に対して、常に高度なサービス活動をきめ細かく展開し、お客様の安心をサポートします。

高品質の証として、トヨタフォークリフトは12ヵ月保証を実施。

※2001年4月販売車両から。

お客様の満足を第一に考え、万全のサービス体制でバックアップ。

フォークリフトや多彩な物流システム機器に対して、常に高度なサービス活動をきめ細かく展開し、お客様の安心をサポートいたします。

高度な検査・点検により、安心と信頼のサービスを提供。

厳しいトレーニングを受けたスペシャリストが、特定自主検査記録表・85検査項目に基づく検査・点検を実施します。

月次検査(月1回の定期自主検査)

年次検査(年1回の定期自主検査)

h3タイトルh3タイトルh3タイトルh3タイトルh3タイトルh3タイトル

厚生労働省監修の検査記録表に基づいた検査を行った場合に、「特定自主標章」が貼られます

整備保証制度を導入し、確かな整備をお届けしています。

トヨタL&F西四国にて定期自主検査(月次検査)、特定自主検査(年次検査)を実施しているフォークリフトに「整備保証」を発行。安心できる確かな整備をご提供しています。

対象商品 トヨタL&F西四国で購入したフォークリフト(新車・中古車)で月次・年次検査をトヨタL&F西四国で実施している商品。
対象範囲 月次・年次検査時に行った点検・整備項目及び、検査時以外に実施した一般修理作業項目。
保証期間 修理完了後1ヵ月以内。

(一部整備保証の対象から除外される事項もあります。)

トヨタ物流システムのサービス契約も充実。

トヨタ物流システムのサービスは、機械設備とコンピューターシステムのサービスを統合したものです。 基本を予防保全におき、万が一の際には迅速かつ的確な補修サービスを行います。

「安全」を標準装備にするために
トヨタL&F西四国が実施する安全講習

現場でいったん事故が起きれば、その影響は深刻です。
作業者本人とそのご家族はもとより、他のスタッフの方々や事業主、さらに、そのために物流がストップする事態になれば顧客にも甚大な被害を与えかねません。
事故撲滅を目指すトヨタL&F西四国では、お客様に安全商品を提供する一方、質の高い安全講習を実施することで、ハードとソフトの両面からお客様の安全をサポートします。

※安全講習については、お近くの支店・営業所にお申し付けください。

安全講習目的安全講習の必要性
事故事例事故発生状況データ / 事故事例紹介 / 事故事例の危険予知訓練
運転操作の見本フォークリフトの操作安全度チェック / 走行・荷役操作時の注意事項
実車講習実車による運転操作チェック
各種点検作業開始前点検、終業点検の必要性 / 作業開始前点検の項目と要領

物流の確かな安全を
実現するための定期点検

フォークリフトなどの産業車両には、法令によって定期点検が義務づけられています。しかしいったん事故が起これば、人的損害だけでなく、コスト面での損害もはかり知れません。
また、機台を安全に、長く使うためにも適切な点検は不可欠です。オペレータの安全を守り、トータルコストダウンを実現するために、トヨタL&Fは点検・整備をサポートするとともに、作業の安全性をより高めるために、定められた定期点検以外にも独自の点検・整備をおすすめしています。

法令に基づく点検・検査

作業開始前点検 定期自主検査
月次検査 年次検査
フォークリフト(含むウォーキー) 自主点検※1 自主点検※1 特定自主点検※1、※2
ショベルローダ等(2輪駆動ショベル) 自主点検※1
車両系建設機械
(ジョブサン、ジョブファイター)
特定自主点検※1、※2
高所作業車
場内運搬車
(ローリフト、ユニエレカ等)
※3 ※3
貨物自動車(トーイング)
クレーン(スタッカー式を含む)※4
:0.5トン以上(自動車)
自主点検※1 自主点検※1

(月次検査・年次検査はお近くのトヨタL&F西四国にお申し付けください)

  1. 事業者は定められた項目の記録を3年間保存しなければならない。
    (違反すると50万円以下の罰金に処せられます。:労働安全衛生法第120条)
  2. 特定自主検査の実施は、労働省令で定める資格を有する労働者、または検査業者でなければならない。
    事業者は見やすい箇所に、検査標章をはり付けなければならない。
    特定自主検査者の資格取得は、(社)建設荷役車両安全技術協会にお問い合わせください。
  3. 法的な実施義務はありませんが、安全に長くお使いいただくため、トヨタ推奨の点検・整備をおこなってください。
  4. 3トン以上のクレーン(スタッカー式を含む)はこれらの点検、検査に加え「落成検査」「性能検査」「変更検査」「使用再開検査」があります。
営業日カレンダー タップで確認
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
お問い合わせ
PageTop